有名作家 1 2 3 4 5 6 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP5291

十三代
中里太郎右衛門
「絵唐津盃」

共箱

NAKAZATO Taroemon 13th / Sake cup

十三代 中里太郎右衛門「絵唐津盃」共箱[NAKAZATO Taroemon 13th]Sake cup
十三代 中里太郎右衛門「絵唐津盃」共箱[NAKAZATO Taroemon 13th]Sake cup
十三代 中里太郎右衛門「絵唐津盃」共箱[NAKAZATO Taroemon 13th]Sake cup
十三代 中里太郎右衛門「絵唐津盃」共箱[NAKAZATO Taroemon 13th]Sake cup

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

13代 中里 太郎右衛門13th NAKAZATO Taroemon

  • 1923年 12代中里太郎衛門(無庵)の長男として生まれる。
  • 1943年 東京高等工芸学校工芸図案化卒業。
  • 1951年 日展初入選。
  • 1961年 日本陶磁協会賞受賞。
  • 1967年 日展会員となる。
  • 1965年 欧州、中近東視察。
  • 1969年 13代中里太郎右衛門襲名。
  • 1981年 日展内閣総理大臣賞受賞。
  • 1985年 日展理事に就任。
  • 1992年 佐賀県重要無形文化財認定。
  • 1995年 唐津市功労賞受賞。
  • 2002年 得度し逢庵と号す。
  • 2007年 芸術院会員となる。
  • 2008年 旭日中綬章を受章。
  • 2009年 85歳で死去。
  • 古唐津を研究し,「叩き」技法をさらに創作、独自の作風を築きました。また翡翠釉による青の魚文など多彩な世界観を見せ、新たな唐津焼を生み出しました。
高さ/Height 6cm
径/Width 7.8cm
高台脇に銘
価格/Price ¥48,000
作家名
作品名
数量