有名作家 1 2 3 4 5 6 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP5270

十二代
中里太郎右衛門
「唐津ぐい呑」

共箱

NAKAZATO Taroemon 12th /Sake Cup

十二代 中里太郎右衛門「唐津ぐい呑」共箱[NAKAZATO Taroemon 12th]Sake cup
十二代 中里太郎右衛門「唐津ぐい呑」共箱[NAKAZATO Taroemon 12th]Sake cup
十二代 中里太郎右衛門「唐津ぐい呑」共箱[NAKAZATO Taroemon 12th]Sake cup
十二代 中里太郎右衛門「唐津ぐい呑」共箱[NAKAZATO Taroemon 12th]Sake cup

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

十二代 中里 太郎右衛門(無庵)NAKAZATO Taroemon

  • 1895年 中里天佑(11代中里太郎右衛門)の次男として生まれる。
  • 1914年 佐賀県立有田工業高校別科製陶科を卒業。
  • 1927年 12代中里太郎右衛門襲名。
  • 1929年 佐賀・長崎両県の古唐津窯跡発掘調査に着手。
  • 1955年 文化省より無形文化財(唐津焼)として指定される。
  • 1965年 割竹式登窯を築窯。
  • 1966年 紫綬褒章受章。
  • 1969年 京都大徳寺にて得度、号を無庵と授かる。
           13代中里太郎右衛門に家督を譲る。
  • 1976年 国の重要無形文化財保持者(唐津焼)に認定される。
  • 1985年 89歳で逝去。
  • 1969年に家督を譲り12代から無庵を襲名するが、本作は12代時代の最終期頃の作。
  • 全制作年代でぐい呑の制作数は大変少なくコレクター垂涎の酒器となっている。
高さ/Height 5.5cm
径/Width 6.5cm
底部に銘「タ」
価格/Price ¥380,000
作家名
作品名
数量
作品は1点限りとなります。ご注文の際、タイミングによっては売約済みの場合がございます。
とても心苦しく申し訳なく存じますが、なにとぞご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。