有名作家 1 2 3 4 5 6 7 8 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1 2
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP5039

十二代 今泉今右衛門
十二代 中里太郎右衛門
十三代 酒井田柿右衛門
「三右衛門文ぐい呑」

共箱

IMAIZUMI Imaemon 12th・NAKAZATO Taroemon 12th・SAKAIDA Kakiemon 13th / Sake cups

12代今泉・12代中里・13代酒井田「三右衛門ぐい呑」共箱[IMAIZUMI/NAKAZATO/SAKAIDA]Sake cups
12代今泉・12代中里・13代酒井田「三右衛門ぐい呑」共箱[IMAIZUMI/NAKAZATO/SAKAIDA]Sake cups
12代今泉・12代中里・13代酒井田「三右衛門ぐい呑」共箱[IMAIZUMI/NAKAZATO/SAKAIDA]Sake cups
12代今泉・12代中里・13代酒井田「三右衛門ぐい呑」共箱[IMAIZUMI/NAKAZATO/SAKAIDA]Sake cups
12代今泉・12代中里・13代酒井田「三右衛門ぐい呑」共箱[IMAIZUMI/NAKAZATO/SAKAIDA]Sake cups

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

十二代 今泉 今右衛門IMAIZUMI Imaemon XII

  • 1897年 今泉平兵衛として生まれる。
  • 1948年 今泉今右衛門襲名。
  • 1952年 上絵付け(色鍋島)の技術が無形文化財に認定。
  • 1959年 皇太子御成婚に際し、和食器一揃い注文を受け納品。
  • 1967年 紫綬褒章受章。
  • 1968年 今右衛門古陶磁参考館を設立。
  • 1971年 鍋島技術保存会が国の重要無形文化財総合指定の認定
  • 1972年  勲四等旭日小綬章を受章。
  • 1975年 逝去。

十二代 中里 太郎右衛門(無庵)NAKAZATO Taroemon

  • 1895年 中里天佑(11代中里太郎右衛門)の次男として生まれる。
  • 1914年 佐賀県立有田工業高校別科製陶科を卒業。
  • 1927年 12代中里太郎右衛門襲名。
  • 1929年 佐賀・長崎両県の古唐津窯跡発掘調査に着手。
  • 1955年 文化省より無形文化財(唐津焼)として指定される。
  • 1965年 割竹式登窯を築窯。
  • 1966年 紫綬褒章受章。
  • 1969年 京都大徳寺にて得度、号を無庵と授かる。
           13代中里太郎右衛門に家督を譲る。
  • 1976年 国の重要無形文化財保持者(唐津焼)に認定される。
  • 1985年 89歳で逝去。
  • 古窯址や陶片資料の研究に励み、古唐津の伝統を復興しました。
    伝統技法を基に新しい現代茶陶を生み出した優雅で品格ある作品は今もなお人々に愛されています。

十三代 酒井田 柿右衛門SAKAIADA Kakiemon XIII

  • 1906年 生まれ。
  • 1963年 十三代酒井田柿右衛門襲名。
  • 1964年 日本工芸会正会員認定。
  • 1970年 13代柿右衛門佐賀県陶芸協会会長に就任。
  • 1971年 国重要無形文化財総合指定を受ける。
  • 1972年 紫綬褒章受章。
  • 1976年 柿右衛li門古窯跡第1次発掘。
  • 1977年 柿右衛門古窯跡第2次発掘 。
  • 1978年 勲4等旭日小綬章受章7。
  •        柿右衛門古窯跡第3次発掘。
  • 1982年 75歳で死去。
  • 父・12代と協力し濁手復活の偉業を成し遂げました。また江戸時代の伝統的絵模様の作品も残しつつ、自ら集めた膨大なスケッチから13代独自の新意匠を取り入れ、伝統工芸の領域から芸術品へと高めました。柿右衛門の評価を不動のものとした名工です。
高さ/Height 今泉 4.7cm
中里 5cm
酒井田 5.3cm
径/Width 今泉 5.8cm
中里 6.6cm
酒井田 5.2cm
今泉 高台内に彫銘「今右衛門」
中里 側底部に銘「タ」
価格/Price 御約定
Sold