有名作家 1 2 3 4 5 6 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP4930

松井康成
「練上青瓷酒盃-3」

共箱

MATSUI Kosei / Sake cup

松井康成「練上青瓷酒盃-3」共箱[MATSUI Kosei]Sake cup
松井康成「練上青瓷酒盃-3」共箱[MATSUI Kosei]Sake cup
松井康成「練上青瓷酒盃-3」共箱[MATSUI Kosei]Sake cup
松井康成「練上青瓷酒盃-3」共箱[MATSUI Kosei]Sake cup

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

松井 康成MATSUI Kousei

  • 1927年 長野県北佐久郡に生まれる。
  • 1946年 笠間・奥田製陶所で作陶技術を学ぶ。
  • 1947年 明治大学専門部文科文芸科に入学。
  • 1953年 木村武山の弟子、海老沢東丘に日本画を師事。
  • 1957年 茨城県笠間市月崇寺住職に就任。
  • 1960年 堂境内に築窯。練土技法を施策研究する。
  • 1968年 田村耕一に師事。
  • 1969年 第9回伝統工芸新作展に初出品。
  • 1988年 紫綬褒章受章。
  • 1990年 (社)日本工芸会常任理事に就任。
  • 1993年 重要無形文化財(練上手)保持者に認定。
  • 2000年 勲四等旭日小綬章を受章。
  • 2003年 75歳で死去。
  • 異なる色の土を組み合わせて陶器の文様を生み出す「練上手」の技法を工夫し独創的な世界を築き上げました。
  • そして「線文」「嘯裂」「象裂」「破調」「堆瓷」「風白磁」「晴白」「萃瓷」「玻璃光」へと進化し続け、今なお多大な影響を与え続けています。
高さ/Height 3.8cm
径/Width 8.3cm
高台内に銘「康」
価格/Price 御約定
Sold