有名作家 1 2 3 4 5 6 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP4875

北大路 魯山人
「信楽茶碗」

共箱

KITAOJI Rosanjin / Tea bowl

北大路魯山人「信楽茶碗」共箱[KITAOJI Rosanjin]Tea bow
北大路魯山人「信楽茶碗」共箱[KITAOJI Rosanjin]Tea bow
北大路魯山人「信楽茶碗」共箱[KITAOJI Rosanjin]Tea bow
北大路魯山人「信楽茶碗」共箱[KITAOJI Rosanjin]Tea bow

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

北大路 魯山人KITAOJI Rosanjin

  • 1883年(明治16年) 京都上賀茂神社の北大路清操の次男として生まれる。
  • 1898年(明治31年) 洛中の習字懸賞で初めて賞を受ける。
  • 1904年(明治37年) 日本美術展覧会で一等賞を受賞。
  • 1905年(明治38年) 岡本可亭の内弟子となる。日本美術展覧会で入賞。
  • 1907年(明治40年) 可亭方を辞し、看板・版下書きとして独立。
  • 1911年(明治44年) 印刷局に勤め始め、書画篆刻を習う。
  • 1912年(大正元年)  東京京橋に居住。習字・篆刻塾を開く。
  • 1919年(大正8年)  京橋に「大雅堂芸術店」を開業。
  • 1921年(大正10年) 会員制「美食倶楽部」を発足する。
  • 1923年(大正12年) 関東大震災で「大雅堂美食倶楽部」焼失。
                  芝山内「花の茶屋」で「美食倶楽部」再開。
  • 1924年(大正13年) 初代宮永東山の指導で青磁を試みる。
                  荒川豊蔵と知り合う。
  • 1925年(大正14年) 「星岡茶寮」始まる。
  • 1926年(昭和元年) 北鎌倉に築窯。
  • 1928年(昭和3年) 日本橋三越にて「星岡窯魯山人陶器展」開催。
  • 1930年(昭和5年) 荒川豊蔵と古窯跡を発掘。
  • 1939年(昭和14年)日本橋にて「魯山人優良味覚研究所売場」開設。
  • 1946年(昭和21年)銀座に自作直売所「火土火土美房」を築く。
  • 1951年(昭和26年)パリ、チェルヌスキ美術館の「日本陶芸展」に出品。
  • 1954年(昭和29年)ニューヨーク近代美術館で作品展開催。
  • 1955年(昭和30年)重要無形文化財の指定を断る。
  • 1959年(昭和34年)満76歳逝去。
  • 大正から昭和を駆け抜け、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持つ希代の芸術家です。大胆な発想と鍛え上げた審美眼から生み出された作品は、今も人々を魅了しています。
高さ/Height 9cm 
径/Width 12.2cm
高台脇に銘
価格/Price お問い合わせ
下さいませ。

Inquiry
作品は1点限りとなります。ご注文の際、タイミングによっては売約済みの場合がございます。
とても心苦しく申し訳なく存じますが、なにとぞご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。