有名作家 1 2 3 4 5 6 酒器 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 茶碗 1
HOME 目次 お問い合わせ

作品bP4617

十四代
中里太郎右衛門
「斑唐津ぐい呑-2」

共箱

NAKAZATO Taroemon 14th /Sake Cup

十四代 中里太郎右衛門「斑唐津ぐい呑-2」共箱[NAKAZATO Taroemon 14th]Sake cup
十四代 中里太郎右衛門「斑唐津ぐい呑-2」共箱[NAKAZATO Taroemon 14th]Sake cup
十四代 中里太郎右衛門「斑唐津ぐい呑-2」共箱[NAKAZATO Taroemon 14th]Sake cup
十四代 中里太郎右衛門「斑唐津ぐい呑-2」共箱[NAKAZATO Taroemon 14th]Sake cup

画像にカーソルを合わせますと
別角度の画像がご覧いただけます。

十四代 中里 太郎右衛門NAKAZATO Taroemon XIV

  • 1957年 13代中里太郎右衛門の長男として生まれる。
  • 1979年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。
  • 1981年 同大学院修了。
  • 1983年 多治見陶磁器意匠研究所釉薬科修了。
           国立名古屋工業技術試験所釉薬科修了。
           十三代中里太郎右衛門陶房にて作陶を始める。
  • 1984年 第16回日展初入選。
           第70回光風会展入選。
  • 1990年 日本工匠会創立会員となる。
           第22回日展特選受賞。
           第40回佐賀県展県知事賞・永竹威賞受賞。
  • 1991年 日工会評議員となる。
           佐賀新聞社文化奨励賞受賞。
  • 1992年 第2回日工会展にて日工会会員賞受賞。
           佐賀県陶芸協会会員となる。
  • 2000年 佐賀銀行文化財団新人賞受賞。
           第5回アジア工芸展にて文部大臣賞受賞。
  • 2002年 国際陶芸アカデミー(I・A・C)の会員となる。
           十四代中里太郎右衛門を襲名する。
  • 2003年 第50回日本伝統工芸展にて入選。
  • 前衛的なオブジェ風の作品を作り続け、各種展覧会で入選、入賞を重ねてきました。近年は唐津焼の伝統に向き合い作陶。自分にしかない表現を追い求め、荘厳な雰囲気を醸しています。
高さ/Height 4.3cm
径/Width 7.8cm
側底部に銘「タ」
価格/Price 御約定
Sold
作品は1点限りとなります。ご注文の際、タイミングによっては売約済みの場合がございます。
とても心苦しく申し訳なく存じますが、なにとぞご理解賜りますよう謹んでお願い申し上げます。